肌のしくみを知ることで老化肌を防ぎほうれい線対策をしていこう

肌の仕組みを知ってほうれい線、シワを消す

肌の仕組み、表皮とは

ほうれい線を消す方法を知るためにはまず、

自分の肌の仕組みを知ることも大事

角質層

肌の一番外側にあるのが、
表皮細胞が死んでしまった(角質)細胞でできている
角質層です。
この角質層には水分が約30%含まれています。
皮膚の一番表面にあるため、外側から触れられるあらゆるものから
皮膚を守ってくれています。
そして、皮膚の内側にある水分が、
蒸発していかないようバリアの働きもしてくれています。
この、角質細胞は、次第に垢となり落ちていきます。

表皮とは
角質層以下にある表皮とは

生きた細胞の表皮細胞
水分は約65%含まれています。
この表皮細胞は敏感なようです。
外からの刺激にしっかり反応してくれ
やってきた刺激、情報を神経などに伝えてくれたり、
アレルギー反応をおこしたりなどします。
表皮は顔での場合、約2ミリ程の厚さになり
大体28日ほどかけて皮膚の生まれ変わりである
ターンオーバーが行なわれます。
(ただし、加齢にしたがってこのターンオーバーのサイクルは遅れていきます)

真皮とは
真皮は表皮の下にあり、約70%はコラーゲンでできているのです。

コラーゲンは真皮の中で、網目状になっており真皮の弾力をたもってくれています。
コラーゲンの中にエラスチンと呼ばれているコラーゲンとは別の繊維があります。
エラスチンはコラーゲンの構造を支えるように働いてくれています。
このコラーゲンやエラスチンという繊維が古くなると弾力がなくなることで
シワ、たるみ、ほうれい線の原因となるのです。
このコラーゲンとエラスチンという2つの繊維のまわりを埋め尽くすように存在しているのが
ヒアルロン酸というゼリー状の物質で真皮の水分を守ってくれています。

基底層とは

基底層というものが表皮の一番下にあります。
この基底層は新しい表皮細胞が生まれるための働きをしてくれているところです。
この基底層にはメラノサイトがあり、紫外線に反応しメラニン色素を作っているのです。

 

肌の仕組みを知ってほうれい線を消す記事一覧

ほうれい線対策のために知っておくターンオーバー

ターンオーバーとはほうれい線対策、エイジングケアとターンオーバーターンオーバーとはお肌のことで言うターンオーバーとは、表皮の生まれ変わりのことを意味します。表皮の細胞が基底層で生まれ、その細胞が約28日間のときを経て角化していき、角質細胞となります。そして最後には垢になって剥がれ落ちていきます。表皮...

≫続きを読む

ほうれい線対策のために知っておく角質層のバリア機能

エイジングケア対策のために知りたい角質層のバリア機能肌の表面の状態をわたしたちはいつも気にしています。肌が荒れ、たるみ、ほうれい線が目立つ、シワが増えたなどこれらは全て、肌のいちばん表面「角質層」のことを言っているのです角質層とは角質層は、外部からやってくるいろいろな異物が皮膚内に進入しないよう保護...

≫続きを読む