ほうれい線対策のために知っておこう角質のバリア機能

ほうれい線、エイジングケア対策のために知っておく角質層

エイジングケア対策のために知りたい角質層のバリア機能

肌の表面の
状態をわたしたちはいつも気にしています。
肌が荒れ、たるみ、ほうれい線が目立つ、
シワが増えたなど
これらは全て、肌のいちばん表面
「角質層」のことを言っているのです

 

角質層とは

角質層は、外部からやってくるいろいろな異物が皮膚内に進入しないよう
保護、ようするにバリアしてくれているのです。

肌が洗剤まみれになっても、その洗剤が皮膚の中にしみ込んだりしないよう、
海に入っても塩漬け状態にならないよう、角質層が守ってくれているのです。

角質層は肌のいちばん表面にある、死んだ細胞です。
例えば、顔の場合で言うと
約20層の細胞がレンガ状態で積み重なって出来ており、
厚さは約0.02ミリほどです。

この薄い角質層が外からやってくる異物から守ってくれるだけでなく
肌の内側の水分が外へ蒸発していかないよう守る働きをしてくれています。

健康な状態の角質層は、
自らの力で保湿成分(主にセラミド)を作り出しています。
その保湿成分には大体30%ほどの水分が含まれています。
この水分が減ってしまうと乾燥肌になってしまいます。

 

肌が乾燥してしまう、角質層が乾燥しているということは
バリア機能が損なわれているということです。
せっかくの角質層のバリア機能が失われてしまうと、
外から異物、刺激が内部に入り込みやすくなり、ちょっとした刺激にも
敏感に反応してしまうことになります。
この状態が敏感肌になるのです。

角質層がバリア機能を失い、敏感肌になると、
化粧品を肌につけてもすぐ敏感に反応し、しみたり、かゆくなったりかぶれたり、
髪が触れただけでもかゆくなったりしてしまいます。

角質層のバリア機能を守るスキンケアはとても大事なことです。

ほうれい線対策のために知っておく角質層のバリア機能関連ページ

ほうれい線対策のために知っておくターンオーバー
ほうれい線やアンチエイジング対策をするために肌のしくみターンオーバーの仕組みを知っておこう