肌のしくみを知ることで老化肌を防ぎほうれい線対策をしていこう

エイジングケア、ほうれい線対策とターンオーバー

ターンオーバーとは

ほうれい線対策、エイジングケアとターンオーバー

ターンオーバーとは

お肌のことで言うターンオーバーとは、
表皮の生まれ変わりのことを意味します。

表皮の細胞が基底層で生まれ、
その細胞が約28日間のときを経て角化していき、
角質細胞となります。
そして最後には垢になって剥がれ落ちていきます。

表皮は、常に生まれ入れ替わっているため、
表皮に傷があった場合でも、常に入れ替わっているため傷跡は残らず
治るというわけです。

ただし、出来た傷が表皮だけなら良いのですが、
その傷が真皮にまで到達してしまうと、
真皮は生まれ変わりのターンオーバーを行なわないため
痕(あと)が残ってしまうということがあるのです。

シミの場合など、
紫外線などの影響でメラニン色素が出来た場合でも
表皮の中だけですんでいればターンオーバーのサイクルによって
排泄されお肌はきれいに戻りますが、
紫外線による傷が真皮にまで到達、色素にまで及んでいると
痕が残っているという状態になっているので、
シミとして残ってしまうのです。

お肌を元気に美しく保つために必要なターンオーバーですが
年齢を重ねていき、40代ぐらいになっていくとターンオーバーのサイクルが
長くなってしまいます。
40代だと28日サイクルではなく、40日サイクルぐらいになるといわれています

ターンオーバーに時間がかかるうえに、
角質層は厚くなり、その下の表皮は薄くなるのです。
このような状態になるため、
シミは消えない、そして肌がくすみ、硬くなり、
乾燥がすすみ、シワ、たるみがひどくなっていくという悪循環になっていきます。

 

このようにターンオーバーが遅れることでの老化肌の対策としては
まずは紫外線からお肌を守る
スキンケアではビタミンB群、C、Eなどを取り入れる。
特にビタミンC誘導体をなどが配合されたスキンケア化粧品を
意識して使ってみる。
他はナイアシン(ビタミンB3)や、ポリフェノール、
甘草エキス、オウゴンエキスなども良いようです。

 

あと、週に1回から2回ぐらい、
ピーリング剤配合の洗顔石鹸で洗顔したり、
美顔器のイオン導入器などを使用し、ビタミンCをイオン導入するなどでしてケアし、
正しいマッサージを行い、生活、食事なども勿論見直していくなどしていくと
ハリのある美しい肌、ほうれい線対策もしっかり出来ていくと思います。

ほうれい線対策のために知っておくターンオーバー関連ページ

エイジングケアのために知っておく角質層のバリア機能
私たちの肌の表面にある角質層。角質層には肌に触れる色々なものから守ってくれるバリア機能があります。大切な角質層のバリア機能について調べてみました。