ほうれい線、たるみに効くツボはココ!

ほうれい線に効くツボ

ほうれい線対策にはツボも効果があります。
加齢、あと疲れなどでも、お肌が元気がない、ハリ、弾力がないなと思ったら
ツボに刺激を与えてみましょう。
弾力がなくなり、たるみが目立ってきた顔に指圧を与え
刺激送ることで血行がよくなり、新陳代謝活発にしてくれ、
シワ、たるみ、ほうれい線などを改善する効果があります。

ほうれい線、シワ、たるみ、むくみに効くツボは

ほうれい線、シワ、たるみ、むくみに効くツボは
四白(しはく)、地倉(ちそう)、睛明(せいめい)、攅竹(さんちく)などです

四白(しはく)は眼球の下から指1本あけたぐらいの、くぼみの部分です。
シワやたるみに効くツボと言われており、主に目の下のたるみ、クマなどに効果があります。
胃のツボということで、肌荒れにも良いようです。
押し方は指の腹で垂直に押します。下に押し下げないようにしてください。
少し上むきに押します。約5秒間押し、ゆっくり話してください。これを5回繰り返します。)

地倉(ちそう)は、口角のすぐ横のあたりになります。
口のまわりのシワやたるみ、ほうれい線に
効果があります。あと、むくみやくすみ、乾燥にも効果があると言われています。
押し方は
気持ち良いくらいの力加減で指先でまわすようにゆっくり押してください。
これを5秒間5回繰り返します。
気持ち上向き加減、少しだけ持ち上げるような感じ、
ほうれい線対策によいかと思います。

睛明(せいめい)この場所はよく目の疲れ効くと言われますが
お肌のハリや弾力を高める効果もあるようです。
両目頭の内側、鼻と目頭の間にあります。(骨がくぼんでいるあたり)指で
つまんで優しく押しほぐします。
3秒押し離すを繰り返してください。

攅竹(さんちく)は、
眉毛の両内側端での骨がくぼんでいるあたりです。
まぶたや顔全体のむくみ、たるみ、シワ、ほうれい線に効果があります。
押し方は指の腹で5秒、皮膚を押し上げるように上下に押します。1日5回程度
(私は何故か薬指の腹で押すと力加減がちょうどよくてやりやすかったです)

ツボ押し、マッサージはお風呂上りが効果がありますが、
勤務中の合間やテレビ見ながらでも、サッと気軽に実行できるのが
とても良いと思います。
4回、5回ぐらい押しマッサージを行ないます。
1日に何度も行なうのではなく、毎日少しずつ行なうことで
効果が実感できるようになると思います。

ほうれい線に効くツボとは関連ページ

ほうれい線に効果のある成分とは
ほうれい線、たるみ、シワなどに効く成分とは。コラーゲンたっぷりの食材、コラーゲン配合の化粧品は本当にほうれい線やシワに効くのでしょうか。
ほうれい線やシワ、たるみの原因になる紫外線
ほうれい線やシミ、シワやたるみの大きな原因を作る紫外線についてお話しています。紫外線を浴び続けることで出る表皮への影響を考えます。
ほうれい線対策と美容液
ほうれい線対策に有効なスキンケア化粧品として有効なアイテムのひとつ美容液。エイジングケア、ほうれい線、シミ、シワ、たるみに対しての美容液の効果などを調べました。
シワに大事なコラーゲン
ほうれい線、シミ、シワ、たるみなど老化肌対策、エイジングケアに必要なコラーゲンについて調べました。
たるみ、ほうれい線を作る行動とは
たるみやほうれい線が出来る原因、行動とはどんな行動なのかを知って、たるみが出来にくい肌にしていきましょう