アラフォーだからこそ美容液で肌老化対策を行ないましょう

アラフォーからのスキンケア 美容液

エイジングケアと美容液

化粧水と美容液、どちらを重視して選ばれているでしょうか

私は美容液を選ぶときは結構しっかり悩んで考えて選んでいます。
私自身は化粧水よりも
美容液でどんなのを使ったかでその日の肌の状態が変わる
よう感じているので、ついつい美容液を選びを重視してしまいます。
美容液は
肌に良い成分がたくさんたっぷりと含まれている
スキンケアアイテム。
そんな美容液には本当にたくさんの種類があります。
そしてその効果はさまざまです。
美容液選びに迷ったら
保湿効果のある美容液を基本の1本に選んでみましょう。
その中でも絶対おすすめなのがセラミドが配合された美容液。

保湿力が高いセラミド配合美容液

セラミドは最も保湿力が高いのです。
セラミドは肌表面にある角質細胞同士をつなぎとめてくれる脂質の一種。
水と結び付けてくれる性質があり、とても優れたうるおいをキープしてくれるのです。
水に溶けないセラミドは化粧水とは配合しにくいので、
油分がほどよく含まれる美容液などから補うとよいです。
セラミド自体は肌内部で作られているものですが、加齢とともに減っていくので
外からも補ってあげる必要があります。

そんなスキンケアで大事な仕事をしてくれる美容液ですが、
美容液って値段も色々です。私自身、
化粧水などよりは美容液のほうが少し高価な印象をもっています。

スキンケア化粧品、肌に良さそうでも高いのはチョットというときは。。
エイジングケアのためにはスキンケア化粧品を選ぶとき
全てを高価なものにしようとはと思わず、
美容液だけ良いものを選ぶようにして
石鹸や化粧水は少し安いものでも大丈夫。
それぐらい美容液は肌にとって、エイジングケアにはとっても大切なものなのです。
価格の目安は3000円から1万円ぐらいが良いかなと思われます。

美容液についてそれぞれの効果や成分
保湿のための美容液を選ぶ場合

効果:うるおいを肌にとどめてくれ、しっとりとした肌を保ってくれます。
成分:セラミド、スフィンゴリピッド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、レシチンなど

 

美白のための美容液を選ぶ場合

効果:メラニン色素が作られるのを防いでくれます。シミを予防します。
成分:アルブチン、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、カモミラET、トラネキサム酸など

 

アンチエイジングのための美容液を選ぶ場合

効果:コラーゲンを増やしてくれ、活性酸素から肌を守り、肌老化を防いでくれます。
成分:ビタミンC誘導体、ナイアシン(ビタミンB3)、レチノール、甘草エキス、AHA,BHA、各種ポリフェノールなど

 

美容液には色々なタイプがあり、
かなり水っぽいジェルやクリームのようなこってりしたものなど
美容液の形状は色々あります。
肌に優しいのはさらっとした感じのジェルタイプで、かためのゲルなどは肌へ刺激が強い
増粘剤が含まれていることもあるようです。

 

私が以前美容液が切れてしまったとき、
近所に売ってた美容液をその場しのぎのように
購入して使ったのですが、
中身を確認せずに購入してしまったため、
わたしが求めていた美容液とは違う効果で
失敗したなあと思いました。
ちなみその美容液はほぼ水のようにサラサラでした。

保湿美容液のつけ方ですが

ケチっちゃダメです。顔全体にたっぷりとつけるようにしましょう。
気になるところにだけ、チョコンとつけても良い効果は得られません。
保湿美容液は伸ばしながら軽くマッサージをするような感じで、
顔全体になじませていきます。
すりこまないで、のせるような感じでつけていきます。
美容液によってはペタペタ、ベタベタの感触がする場合もありますが
そのままさわらないで肌に浸透していくのを待ってみましょう。

 

美白、アンチエイジング用の美容液など、異なる美容液を同時に使う場合は
保湿美容液をつかったあとに重ねづけします。
これらの美容液もシミ、シワなど気になる部分だけにつけるのではなく、
広めにつけるようにしましょう。
やはり顔全体になじませるのが一番良いようです。

2種類以上の美容液を使用する場合は先に水っぽい美容液をつけ、
そのあと油っぽい美容液をつけていきます。この順番を逆にしてしまうと
あとにつけた水っぽい美容液が肌に浸透しにくくなってしまいます。

美容液のつけかた

  1. 手にとった適量の美容液を広げ、頬を包むようになじませていきます。
  2. 目元と口元は中指と薬指で小さな円をかくようになじませます。
  3. おでこは手のひらで軽くおさえ、中指と薬指で下から上へとなじませます。
  4. 鼻は鼻筋を上から下へ、小鼻も同じように。
  5. そして最後に目の周りやフェイスライン軽くおさえてなじませます。

美容液は少なすぎると効果が減るので、少し多めかなぐらいがちょうど良いです。

ちなみにこちらの美容液も保湿効果が高く肌に浸透しやすいです。

アラフォーからのスキンケア 美容液関連ページ

アラフォーからのスキンケア クレンジング
アラフォーからのスキンケア。メイクをしたあとに必ず必要なクレンジング。このクレンジングは大切な作業ですが気をつけないと肌に強い刺激を与えてしまいます。良いクレンジングの方法とは
アラフォーからのスキンケア 洗顔
アラフォー、エイジングケアを意識している今、改めてスキンケアを確認していきたいと思います。洗顔方法間違っていないですか
アラフォーからのスキンケア 化粧水
洗顔が終わったら必ずつけていた化粧水。さっぱりと洗顔した顔にうるおいをとあわててつけていた化粧水。でも実は化粧水はうるおいのもとではなかったのです。
アラフォーからのスキンケア 乳液とクリーム
アラフォーだからこそ大事にしたいスキンケア。加齢になってくると肌がかさついてくるので乳液やクリームでうるおいを閉じ込めようと頑張って塗ってたりしますが、もしかしたら勘違いした使い方をしているかもです。