アラフォーだからこしっかり乳液やクリームの使い方を確認しましょう

アラフォーからのスキンケア クリームと乳液

エイジングケアと肌とクリームと乳液

美容液を使うようになってから、
たまにしかクリームや乳液は使わなくなってしまったアラフォーの私

美容液を使わなかった頃は、乳液やクリームは大事!と
思って洗顔、そして化粧水を顔につけたあと、
必ず乳液、時々クリームをつけていましたが、
美容液をつけるようになってからは、
そんなに
乳液やクリームの必要性を感じなくなってきてしまっていました。
全くつけないわけではなく、
美容液を使うことで肌の保湿ができているみたいなので
それですっかり満足していたため、
クリームは時々で十分かな?という感覚になっていました。
でも、クリームや乳液を肌につけたい必要と思うときも時々あります。

乳液やクリームは、お肌に油分を補うためのもの

化粧水でお肌の水分をととのえ、乳液やクリームでうるおいを閉じ込めるもの?という
イメージがありましたが、
実際は保湿効果はあまり高くはないらしいです。
それはせっかく乳液やクリームを肌につけても、油分の間から水分が蒸発してしまうようなのです。

うるおいのある肌にするために大事なのは、肌内部にあるセラミド。
肌のうるおいのために大事なのは油分ではないので、化粧水や保湿美容液で充分なのです。

クリーム、乳液などは肌に油分を与えるもの

目元や口元は年齢に関係なく皮脂腺が少なく、
動きが激しい部分でもあるので多少の油分は必要です。
このあたりが乾燥しているようでしたら、乳液やクリームで油分を与えるのは良いことのようです。
あと、アラフォーからアラフィフぐらいになってくると皮脂の分泌量が減ってきます。
肌にツヤがないなと感じてきたら、 コクのあるクリームタイプを肌に塗ってみましょう。

 

乳液はつけたい!そんな方のための乳液の選び方
たいてい、油分が多く含まれている乳液。
乳液を使いたい場合は、美容液と乳液の中間ぐらいのセラミド成分が配合された
乳液を使いましょう。

クリームのつけ方
  1. 化粧水、美容液をつけたあと、少量のクリームを指につけ目元にそっとたたきこみます。
  2. 指先に少量のクリームをとり、口元にそっとたたきこみます。広くのばさないように気をつけます。

 

肌にツヤがないなと感じたら
  1. 手のひらにクリームをのばし、Uゾーン→目元→口元の順番でつけます。
  2. Tゾーンには、つける必要はないかなと思いますが、つける場合は、
  3. 残ったクリームをうすーくつけましょう。

 

くれぐれもクリームや乳液をつけすぎたり、
つけるときに肌をこすったりは絶対しないようにしてください。
ニキビ、テカリ、シミの原因を作ってしまうことになります。

アラフォーからのスキンケア 乳液とクリーム関連ページ

アラフォーからのスキンケア クレンジング
アラフォーからのスキンケア。メイクをしたあとに必ず必要なクレンジング。このクレンジングは大切な作業ですが気をつけないと肌に強い刺激を与えてしまいます。良いクレンジングの方法とは
アラフォーからのスキンケア 洗顔
アラフォー、エイジングケアを意識している今、改めてスキンケアを確認していきたいと思います。洗顔方法間違っていないですか
アラフォーからのスキンケア 化粧水
洗顔が終わったら必ずつけていた化粧水。さっぱりと洗顔した顔にうるおいをとあわててつけていた化粧水。でも実は化粧水はうるおいのもとではなかったのです。
アラフォーからのスキンケア 美容液
アラフォーからのスキンケアで注目なのが美容液。この美容液が肌老化対策、エイジングケアで注目したい化粧品です。