アラフォーから確認する化粧水のはなし

アラフォーからのスキンケア 化粧水

スキンケア、化粧水をお肌につけるときは

クレンジング、洗顔ときれいさっぱり、
肌の汚れを洗い流したら
すぐにでもつけたくなるのが化粧水。

 

洗顔後、少しつっぱるお肌に化粧水をつけると、
肌がうるおったような
感触になったような感じがしますが、
実は、化粧水で肌はうるおうわけではありません。
化粧水の大半は水
化粧水では、満足できるような肌の保湿は出来ないのです。
実は化粧水はスキンケアをするうえで不可欠というものではないのです。

 

でも化粧水をつけたい、
せっかくなら肌に良い効果を得られる化粧水をつけたい
場合は、やはり美肌効果が得られる化粧水をつけたいですよね。

 

ビタミンC誘導体が配合された化粧水だと肌に浸透しやすい

ビタミンC誘導体とは、
例えば通常のビタミンC(誘導体ではない)のままだと、そのビタミンCは水溶性のため
そのままお肌にぬってもなかなか肌内部には浸透しにくいのです。
(皮膚は水溶性の物質を弾く作用をもっているため)
そこで肌に浸透しやすくするために、油溶性(リン酸など)などの物質をくっつけて
安定性を高めたのが誘導体になります。
このビタミンC誘導体が肌内部に入ると、活性型のビタミンCに変わっていくのです。

こちらのサイクルプラスという
高浸透型ビタミンC誘導体が配合された化粧水もあります。
お試しセットなどで使ってみるのも良いかもしれません。

ビタミンC誘導体は

シミ、シワ、毛穴のたるみ、ニキビなどの肌の悩みに効果を発揮してくれます。
ちなみにビタミンC誘導体にはいくつか種類があるようなのですが、
「リン酸パルミチン酸型(APPS)」がもっとも効果が高いと言われています。

化粧水のつけ方

手でつける方、コットンを使用される方、どちらが多いのかよくわかりませんが
私は手でつけるほうを好んでいます。
コットンを使ってしまうと、肌につけるとき無意識に力が入ってしまったり
強めにパッティングしたりすることがあるからです。
どんなに上質なコットンであっても、
力が少しでも入ると繊維の刺激で角層に細かい傷がついてしまいます。

角層に傷がつくことにより、肌のうるおいが減り、外部からの刺激が肌の内側に入りやすくなります。
そうなるとさらに肌は乾燥し、老化肌をつくることになってしまいます。

手が化粧水を吸うとかいう話もありますが、その件は大丈夫。
水を手ですくって顔を洗うことも、水を飲むこともできるのですから、
化粧水を肌につける前に手が化粧水を吸うというのを心配する必要はないと思います。

 

化粧水のつけ方

やってはいけないこと
・手でパチパチたたいてしまう シミ、赤ら顔の原因になります
・何度も重ねづけする 何回重ねても角層の2から3層までしか到達してくれません

  1. 化粧水の使用量の確認。化粧水に添付された説明書を読みましょう
  2. 手のひらに適量の化粧水をとる。
  3. 手のひらで顔全体にサッとなじませる。
  4. 乾燥しやすい目のまわり、フェイスラインを手のひらを使って

    軽くおさえてなじませる。

コットンを使用する場合は

  1. コットンに適量の化粧水をとる。コットンの裏側までしみるくらい。
  2. 顔全体にコットンを優しくすべらせるようなじませる。

手でもそうですが、特にコットンの場合は、
パチパチ、ゴシゴシしないように気をつけることが大事です。

アラフォーからのスキンケア 化粧水関連ページ

アラフォーからのスキンケア クレンジング
アラフォーからのスキンケア。メイクをしたあとに必ず必要なクレンジング。このクレンジングは大切な作業ですが気をつけないと肌に強い刺激を与えてしまいます。良いクレンジングの方法とは
アラフォーからのスキンケア 洗顔
アラフォー、エイジングケアを意識している今、改めてスキンケアを確認していきたいと思います。洗顔方法間違っていないですか
アラフォーからのスキンケア 美容液
アラフォーからのスキンケアで注目なのが美容液。この美容液が肌老化対策、エイジングケアで注目したい化粧品です。
アラフォーからのスキンケア 乳液とクリーム
アラフォーだからこそ大事にしたいスキンケア。加齢になってくると肌がかさついてくるので乳液やクリームでうるおいを閉じ込めようと頑張って塗ってたりしますが、もしかしたら勘違いした使い方をしているかもです。