アラフォー、40代 洗顔方法を確認してみたいと思います

アラフォーからのスキンケア 洗顔

スキンケア 洗顔とは

スキンケア、洗顔の手順の話の前に、洗顔料の話から

 

洗顔後、肌がうるおったままの洗顔料がよくあります。
うるおいを残してくれる洗顔料のことなのですが、
うるおいが残っているというのは、
肌に油分が残っているということ。
洗顔で、ちゃんと肌に残った余分な皮脂を洗い流さないと
洗い残した皮脂が酸化して
過酸化脂質というものに変わっていき、
それが活性酸素を生み、老化肌の原因を作ってしまうのです。
余分な皮脂をきれいに洗い流すことも
老化防止。つまり、シミ、シワ、くすみ、毛穴の開きなどを予防して
エイジングケアになるということ。
肌にうるおいが残るタイプの洗顔料は肌に油分が残ってしまいます。
その油分、肌に残ってしまった、しっとり感触を残すために存在している
油膜は、残念ながら肌には好ましいものではないようです。

洗顔後、化粧水や乳液、美容液などお肌につけますよね。
お肌のために!とせっせと。
しかし、この洗顔料の油膜が肌に残ってしまっていると
どんなに良い成分が入った化粧品を使っても、
残念ながら油膜が邪魔して
お肌に成分が浸透しにくくなってしまうのです。

固形石鹸できちんと洗顔して、
余分な皮脂や油分を洗い流してしまいましょう。

くれぐれもゴシゴシしないように、不必要な皮脂を洗い流し、必要な皮脂は残しておかないと
肌がガサガサになってしまいます。

私自身は、身体も顔も固形石鹸で洗うようにしています。
(顔は洗顔用の固形石鹸ですが)
液体タイプの洗顔料より、(私の場合)肌に良いようです。

洗顔の手順
洗顔の手順を書く前にやってはいけないことから。

・石鹸の泡立てがたりない、泡の量少な過ぎ
・これでもか!とお肌をこすりすぎ
・すすぎが足りていない
・洗顔の時間が長すぎ。長くてもすすぎを含め1分半までには終わらせましょう。

では、洗顔を始めます。
  1. 手をきれいに洗ってから人肌程度のぬるま湯で顔を濡らします
  2. 洗顔料をよく泡立てます。手と手を合わせた時、間に泡のクッションが出来る感じ
  3. 額、鼻の皮脂が多いTゾーンに泡をのせクルクルと円をかくように
  4. 頬、あごのUゾーンに泡をのせ、泡をころがすように
  5. 目元、口元に泡をのせ軽くなじませるように
  6. 洗顔最初のぬるま湯と同じ温度で丁寧に洗い流す。泡がのこらないように

泡立てに便利なネットですが、簡単に泡が出来ちゃうので、うっかり気付かなかったり
してしまいそうな注意点があります。

 

洗顔のときの泡は空気と水が含まれていることが大事。
しかし、簡単にネットだと泡が作れちゃうので、水が少なくても泡立ってしまいます。
水が少ないと濃度の高い状態のまま肌につけることになってしまうので、
適正な量の水を加え泡立てましょう。

さて、洗顔が終わったら化粧水をつけたいと思います。

アラフォーからのスキンケア 洗顔関連ページ

アラフォーからのスキンケア クレンジング
アラフォーからのスキンケア。メイクをしたあとに必ず必要なクレンジング。このクレンジングは大切な作業ですが気をつけないと肌に強い刺激を与えてしまいます。良いクレンジングの方法とは
アラフォーからのスキンケア 化粧水
洗顔が終わったら必ずつけていた化粧水。さっぱりと洗顔した顔にうるおいをとあわててつけていた化粧水。でも実は化粧水はうるおいのもとではなかったのです。
アラフォーからのスキンケア 美容液
アラフォーからのスキンケアで注目なのが美容液。この美容液が肌老化対策、エイジングケアで注目したい化粧品です。
アラフォーからのスキンケア 乳液とクリーム
アラフォーだからこそ大事にしたいスキンケア。加齢になってくると肌がかさついてくるので乳液やクリームでうるおいを閉じ込めようと頑張って塗ってたりしますが、もしかしたら勘違いした使い方をしているかもです。