乾燥が原因のくすみ肌とは

乾燥によるくすみの原因の改善方法とは

肌の乾燥が原因によるくすみとは

 

肌の表面がカサカサしていたり、
ひどいときは白い粉(角質)がポロポロ落ちてきたり
乾燥から細かいシワが増えてきたり、
そんな乾燥しきった肌の角層はグレー味が強くでて、
くすんだ肌に見えてしまいます。

 

皮膚から潤いがなくなっていくと肌の表面の角質がキメが失われていきます。

 

乾燥によるくすみは冬場にでることが多いです。
気温が下がることで血行が悪くなり、
そのため代謝が悪くなり栄養や酸素が
いきわたらなくなる。
そのような状態のため、肌が乾燥してカサカサになってしまいます。

 

そしてさらに
何度も念入り洗顔する方、いつも乾燥した場所にいるとか、
あぶらとり紙をよく使う、洗顔後肌をごしごしタオルでふいてしまうとか
そんな方はさらに肌の乾燥を悪化させてしまい、くすみをさらに進行させてしまいます。

 

乾燥による肌のくすみが原因の場合は
保湿成分が配合されたがある美容液でお肌をケアしてあげてください。
セラミドやヒアルロン酸など保湿効果がある成分が
配合された美容液などでお肌をケアしてあげてください。
皮膚に不足してしまった水分を与えることで
肌のキメを整え、肌の表面の凸凹が滑らかになっていき
次第に肌が明るく見えるようになっていきます。

 

日頃から肌が乾燥しやすい方は、肌の色がくすみがちかもしれません。
肌が乾燥しやすいなと思ったら
保湿パックなども利用して、お肌を乾燥、くすみから守ってあげましょう。
定期的に(週に2回ぐらい)保湿パックを行なってケアしていってみましょう。

乾燥が原因によるくすみの改善方法とは関連ページ

紫外線・メラニンくすみの原因と改善方法は
くすみ肌の原因のひとつ紫外線。紫外線を浴びてしまった肌はメラニン色素を生成し皮膚の細胞を守ろうとしてくれます。肌のために頑張ってくれているメラニンですが働かせすぎるとくすみ、シミの原因になってしまいます。そんな紫外線によるくすみを防ぐにはどうしたらよいのか考えます。
肌の汚れが原因によるくすみ肌の改善方法とは
ファンデーションが肌に残っていたり、余分な皮脂が肌に残っていると、それら汚れが原因になりくすみ肌になってしまいます。汚れが原因によるくすみの改善、解消方法を調べました。