肌の汚れが原因によるくすみ肌を解消するには

肌のよごれが原因のくすみ肌の改善方法とは

肌のよごれが原因によるくすみとは

メイクのあとクレンジングでメイクを落としきれていなかったり
洗顔で余分な皮脂がおとしきれていない場合、
残ったよごれが原因で肌がくすんでしまうときがあります。

ただ、ここで気をつけなければいけないのは、
クレンジングや洗顔のときに、顔をゴシゴシこすったり、
長い時間をかけて、メイク落としや洗顔を頑張ってしまうと
肌を痛めてしまうことになり、シワ、シミ、たるみ、毛穴が目立つ
そしてくすみと、ヘタすれば皮膚の炎症までおこして
しまうことになってしまいます。

でも、ファンデーションなどの
油分が肌にそのまま残ったままにしてしまうと
油分は酸化して黒ずんでいき、
肌がくすんだように見えてしまいます。
この、よごれが原因のくすみ肌を作らないようにするためには
どうしたらいいのでしょうか。

 

  1. クレンジングでメイクをしっかり落とす(40秒ぐらい以内で)
  2. しっかりと洗顔。ただしゴシゴシしない長時間しない(1分半以内)
  3. すすぎは丁寧に泡を残さない

肌にうるおいを残すタイプの洗顔剤の中には肌に油分を
残してしまうものもあります。
この洗顔剤の油分が肌に残ってしまうと、
油膜が邪魔をして洗顔後に肌に浸透させようと、
ビタミンC誘導体が入った化粧水や保湿や美白のための成分が
入った美容液をつけても、お肌に浸透しにくくなってしまいます。

 

洗顔用の固形石けんを泡立て
肌に汚れを残さないよう洗い、丁寧にすすぎ
美容液を肌に浸透させるなどで、汚れによるくすみ肌を
予防していきましょう。

肌の汚れが原因によるくすみ肌の改善方法とは関連ページ

紫外線・メラニンくすみの原因と改善方法は
くすみ肌の原因のひとつ紫外線。紫外線を浴びてしまった肌はメラニン色素を生成し皮膚の細胞を守ろうとしてくれます。肌のために頑張ってくれているメラニンですが働かせすぎるとくすみ、シミの原因になってしまいます。そんな紫外線によるくすみを防ぐにはどうしたらよいのか考えます。
乾燥が原因によるくすみの改善方法とは
乾燥肌で悩むのは肌がカサカサ、メイクのノリが悪いだけではありません。肌が乾燥することで肌から明るさがなくなり、くすみ肌になっていきます。そんな乾燥によるくすみ肌の原因と改善解消方法を調べてみました。