紫外線や日差しによるくすんだ肌の原因、改善方法とは

紫外線・メラニンくすみの原因と改善方法は

紫外線によるくすみとはどんな状態のことを言うのでしょうか

くすみの症状としては顔が全体的に日に焼けたときのように
黒ずんでしまったり茶色っぽい状態のことを言います。

紫外線を日ごろ、
気がつかないうちに年中浴びてしまっている方は勿論
喫煙される方やビタミンが豊富な緑黄色野菜を摂らない方も
このタイプのくすみの原因を作っている可能性が高いです。

日焼け、紫外線対策を忘れるとき
  • コンビニに行くとき
  • 洗濯物を干すとき
  • 曇り、雨天のとき
  • 冬だから
  • 窓側にいるのに部屋の中にいるからと油断
  • アスファルトからの照り返しに気付かない

など

 

紫外線を浴び続けると紫外線B波が
表皮にメラニン色素を生成し、シミ、くすみを作る原因になってしまいます。


そのうえ皮膚の細胞を破壊し、
活性酸素、ようするに細胞をさびつかせ
酸化してしまうことで代謝(ターンオーバー)が崩れていき、
お肌がくすんでいく原因を作っていってしまいます。
そして、紫外線A波が真皮に到達すると、若々しい肌作りには
とても大事な存在のコラーゲンやエラスチンを壊してしまい、
弾力を失い、皮膚のたるみがおき凸凹とした皮膚になり陰影によって
くすみがさらに増した状態になってしまいます。

対策としては
やはり1年中紫外線対策を怠らないということになるようです。
外出時は勿論、部屋の中にいるときも窓からの紫外線には要注意です。

 

新陳代謝が活発だった若い頃なら、有り余ったメラニン色素をきれいに
片付けてくれ、くすみの心配など感じることもなかったのでしょうけど
加齢になってくると、長く生きている分、紫外線も長く浴びまくってますし、
そして加齢などの原因で
ターンオーバーのサイクルは乱れ、余ったメラニン色素を片付けることも
出来ずに、結果シミ、くすみで悩むことに。
年齢にあった努力は必要のようです。

紫外線・メラニンくすみの原因と改善方法は関連ページ

肌の汚れが原因によるくすみ肌の改善方法とは
ファンデーションが肌に残っていたり、余分な皮脂が肌に残っていると、それら汚れが原因になりくすみ肌になってしまいます。汚れが原因によるくすみの改善、解消方法を調べました。
乾燥が原因によるくすみの改善方法とは
乾燥肌で悩むのは肌がカサカサ、メイクのノリが悪いだけではありません。肌が乾燥することで肌から明るさがなくなり、くすみ肌になっていきます。そんな乾燥によるくすみ肌の原因と改善解消方法を調べてみました。