コラーゲンをつけるとほうれい線対策になるのか

ほうれい線対策コラーゲンとは

エイジングケアとコラーゲン成分

エイジングケアで一番よく耳にする成分がコラーゲンではないかと思います。
その理由は化粧品の成分というよりも
私たちのお肌の中、
真皮の約70%を占めるという、
お肌にとても大事な存在であるからだと思われます。
コラーゲンは、皮膚の主要成分であり、
このコラーゲンが真皮の中で
網目状のネットワークになっていることで
お肌の弾力を保っていてくれます。

 

この大切なコラーゲンが変性、減少することによってお肌の弾力が失われていき、
シワやほうれい線の原因にもなる、たるみを引き起こすことになってしまうのです。

 

コラーゲンが減少しているのなら、
コラーゲンをとれば、また、お肌が元気になって老化肌なんかさようなら!と
単純に思ってしまいそうですが、
当たり前といいえば当たり前かもしれませんが
コラーゲンをとればお肌のたるみ、
シワが目立つ部分のコラーゲンにそのままなるというわけではないのです。

 

コラーゲンをとったからといってそのままお肌のコラーゲンにならないのなら
コラーゲンを取り込んだらそのあとどうなるのでしょうか。

食べものや飲みものから取り入れた
コラーゲンはアミノ酸になって小腸から吸収されていきます。
それぞれの必要に応じた形で、筋肉、骨、皮膚、脂肪、髪の毛などにいきわたっていきます。
どこにどれくらいいくかは、ホルモンなどにコントロールされていきます。
そうやって、その中の一部が私たちの皮膚の中のコラーゲンになる可能性はありますが、
コラーゲンを作り出すためには
ビタミンCなどが必要で、さまざまな条件がそろってやっと私たちの体の中でコラーゲンに
なってくれるのです。

 

ちなみに、化粧品に配合されたコラーゲンは真皮までは
吸収されないのですが、
角質内で水分を抱え込んでくれます。
飲食や化粧品からとりいれたコラーゲンの働きは
保湿のためのものなのです。

コラーゲンは動物の結合組織、皮膚、腱、骨、血管等
膠原繊維を構成してる線維状タンパク質。
そのなかは、グリシン、プロリン、アラニン、ヒドロキシプロリン、グルタミン酸、アルギニン
等々、約20種類ものアミノ酸で構成されています。

コラーゲンは可溶性(ソルブル)コラーゲン、不溶性(インソルブル)コラーゲンがあります

可溶性(ソルブル)コラーゲンとは

生態組織内で自由に分子が入れ替わったりする分子間架橋(交差結合)が
行われていないコラーゲンのことです。
このコラーゲンは、皮膚に保水性や弾力性を与えてくれます。
また、加齢によって紫外線を浴びた皮膚は、コラーゲンの交差結合が増えてしまい
不溶性コラーゲンが増加し、水分の保持能力、弾力が減少していき、
シワが増えていきます。

コラーゲンは弾力性、水分保持能力が増しますので、
皮膚の老化防止や、若返りの目的で化粧品に使われています。

 

可溶性コラーゲン(水溶性コラーゲン)とは

可溶性コラーゲン(水溶性コラーゲン)は
哺乳動物、魚介類、鳥等の結合組織より抽出しています。

 

コラーゲンの分子は約1,000個ほどのアミノ酸が結合しているポリペプチド鎖が3本あり
この3本の鎖がらせん状にみつあみのようになっています。
この分子のそれぞれの末端はらせんになっておらず、テロペプチドと呼ばれています。
この部分では架橋(橋かけ)が行われるなど、抗原性に関係をもっています。

子牛の皮膚のように若い組織を希酸水溶液で抽出を行うと、分子間架橋で
交差結合がない、コラーゲン分子を得ることができます。
このような分子状分散によって抽出されているものが可溶性コラーゲンになります。

 

抽出により得ることが出来る可溶性コラーゲンの量は、とても少なく数パーセント程度で
大量に得ることは不可能なようです。
可溶性コラーゲンは無色、又は乳白色の液体かペースト状態であるか、
又は、白色から淡黄色の粉末になっており、特異なにおいがします。
水溶液を40℃以上に加熱することで、らせんがほどけゼラチン状になり、
粘性も失われます。

コラーゲンに含まれているアミノ酸の1/4はグリシン。
このグリシンには
他のたんぱく質には含まれていない、
ヒドロキシプロリンが含まれています。
ヒドロキシプロリンは化粧品に配合すると
皮膚との親和性にかなりすぐれており

皮膚の保護効果が期待できます。
水とよく水和するので、
皮膚への水分補給による保湿機能が改善されます。

 

ほうれい線対策コラーゲンとは関連ページ

エイジングケアに効く成分 ヒアルロン酸
アンチエイジングなどに使われる化粧品によく入っている化粧品の成分、ヒアルロン酸について調べてみました