シミの対策の種類花弁状色素斑について

シミの種類・花弁状色素斑

花弁状色素斑の原因と対策について

 

海水浴等の日焼けによって肩や背中
あと二の腕などに出来るシミです。
シミが花びらのような形をしているのが特徴です。

 

日焼け後しばらくしてから、ひょっこり登場してくるシミ。
早くて1ヶ月から3ヶ月、
数年後(忘れた頃?)に発生してくる場合もあるので、気をつけましょう。

 

今年は1度だけしか海に行ってないからとか、
すぐシミ出なかったし大丈夫♪と安心するのは大間違い。
顔に身体にもしっかり日焼け止め対策をしておかないと大変なことになってしまいます。
(忘れた頃に。。。)

思いっきり日焼けを気にせず、太陽の光を浴びまくり、
若いから大丈夫!と遊びまくってしまった方、数年後、
鏡を見てビックリすることにならないよう、お気をつけください。
と、言いながら、私自身、
大丈夫かな?と、心配な気持があります。
でも、特に10代の頃とか、そんな先の自分の肌の事なんて
考えないですよね。(少なくとも私は何も考えてませんでした)

紫外線が私のお肌を悩ませる影響を与えるなんて、
遊んでいる時は考えるどころか、一瞬も頭をよぎりません。
でも、偶然、この情報、花弁状色素斑のことを知ったのであれば、
今からでも日焼け対策、美白対策を行なってほしいです。

 

皮膚に色素が出てしまうと定着していまい薄くはならないので、
消す為にはレーザー治療が良いかと思われます。
あと、外用薬のトレチノインやハイドロキノンなども有効のようです。
しかし、美白化粧品の効果を期待するのは難しいかもしれません。

シミの種類花弁状色素斑関連ページ

シミの種類.老人性色素斑(日光性黒子)
老人性色素斑(日光性黒子)の原因や対策を調べました。
シミの種類そばかす(雀卵斑)
子供の頃に出来やすいそばかす。そんなそばかすの原因、対策を調べました
シミの種類肝斑
肝斑ができる原因、対策を調べました
シミの種類脂漏性角化症
脂漏性角化症の原因、対策について調べました
シミの種類炎症性色素沈着
炎症性色素沈着の原因、対策を調べました