シミの対策の種類 肝斑について

シミの種類・肝斑

肝斑とは 原因と対策

 

肝斑は
女性ホルモンのバランスが崩れることによって
あらわれ、紫外線にあたると悪化します。
頬や目の下あたりに左右対称にモヤモヤと薄茶褐色で
できていきます。
シミが点々というよりモヤモヤと広がっていくようです。

 

頬に左右対称でひろがる肝斑が出来ると、
顔色全体へ大きく印象が影響してしまいます。

 

肝臓疾患で肝斑(かんぱん)が出来るという説も
あるようですが、
ホルモン異常が原因になっていることが多いようで、
さらに紫外線にあたると、悪化してしまいます。

 

肝斑が出来ると、まわりには不健康そうな印象をあたえてしまいます。
体調不良、寝不足、表皮のターンオーバーによる、メラニンが滞留してしまうなどの症状、
あと、腎臓や肝臓の病気のせいなどで顔色が悪くなったりする場合もありますが、
顔色が悪いのは実は肝斑のせいだったという事もあるわけです。

 

肝斑は主に30歳代から40歳代の方によく見られる症状で
60歳過ぎ頃から症状が弱まってくる場合もあるようです。
そう言われても、顔の印象に大きく影響を与えてしまう肝斑。
美しい肌、健康的な笑顔でいる為には、肝斑は出来ればしっかり
解決して美肌を手に入れたいですよね。

 

ちなみに肝斑(かんぱん)は、額や鼻の下に出来る事もあるようです。
自分の鼻の下に肝斑が出来ると、もの凄く気になります。
隠すのではなくしっかり消していきたいです。

 

対策としてはレーザーは不向きのようで
炎症を抑えるトラネキサム酸
(病院で処方してもらうか、市販薬があります)を服用や
ピーリングや美白化粧品も有効かと思われます。

シミの種類肝斑関連ページ

シミの種類.老人性色素斑(日光性黒子)
老人性色素斑(日光性黒子)の原因や対策を調べました。
シミの種類そばかす(雀卵斑)
子供の頃に出来やすいそばかす。そんなそばかすの原因、対策を調べました
シミの種類花弁状色素斑
花弁状色素の原因、対策について調べました
シミの種類脂漏性角化症
脂漏性角化症の原因、対策について調べました
シミの種類炎症性色素沈着
炎症性色素沈着の原因、対策を調べました