シミの対策の種類 脂漏性角化症について

シミの種類・脂漏性角化症

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)とは 原因や対策

脂漏性角化症とはいわゆる皮膚の老化現象です

老人性色素斑(日光性黒子)の症状が悪化し、
イボのように盛り上がってきている状態で、
いわゆる年寄りイボです。
ただ、皮膚の老化現象ではありますが、
若い方にも出来る事があるようです。

 

出来る場所は
顔だけでなく、頭にも身体にも出来ます。
最初は1ミリから2ミリ程度の大きさですが、
次第に大きくなっていきます。

 

色は肌の色のままのものから、淡褐色、黒色など色々です。
形も平らなものから隆起しているものまで、色々です。
かゆみを伴う場合もあるようです。

 

小さいうちに気付いて取ってしまえば問題ないので、
気付いたら早目の治療を行なう事をおすすめします。
多数、出来てしまっている人は大きいものから取っていきましょう。

脂漏性角化症は、ご年配の方のお肌には確かによく見られる症状だなと思います。
黒いものがはっきりと見えている事がよくあります。
でも、20代の若い方のお肌にもすでに脂漏性角化症が出ている場合もあります。

かなり気付きにくいと思いますが、肌の色と同じ色のままで、
ちょっとだけ盛り上がっている箇所がありませんか
(実際、写真で見ても私は、すぐには気付かなかったです)
それ、脂漏性角化症かもしれないですよ
この状態で気付けたなら、ラッキーかもしれないです。
早目の治療できれいなお肌にすぐ戻しましょう。

脂漏性角化症は、美白成分は効かなくなってしまいますので

レーザー治療が必要になってきます。
ほかの方法としては、液体窒素で凍結療法などもあります。

シミの種類脂漏性角化症関連ページ

シミの種類.老人性色素斑(日光性黒子)
老人性色素斑(日光性黒子)の原因や対策を調べました。
シミの種類そばかす(雀卵斑)
子供の頃に出来やすいそばかす。そんなそばかすの原因、対策を調べました
シミの種類肝斑
肝斑ができる原因、対策を調べました
シミの種類花弁状色素斑
花弁状色素の原因、対策について調べました
シミの種類炎症性色素沈着
炎症性色素沈着の原因、対策を調べました