そばかすの原因対策について

シミの種類 そばかす

そばかす(雀卵斑)とは

そばかすは遺伝的なもので後天的に出来るシミとは異なったものです

 

小さなシミをそばかすと呼んでしまう事もあるようですが、
厳密に言えば、そばかすは遺伝的なもののみになります。

 

そばかすは、
鼻のまわりに小さなシミが散らばったように出来ます。
老人性色素斑とはシミが出来る場所が違います。
小さなシミをよく見てみると、三角や四角い形をしています。
白人のひとに多く、日本人では色白なひとによく見られます。

 

年齢では早い時期だと5から6才頃には、
そばかすが出始めます。
それから成長とともに増えていき、
内分泌活動が活発になってくる
思春期頃に一番増えている状態になっています。
そのあと、少しずつ、色が薄くなり、形も不明瞭になってきます。

 

私はそばかすが幼い頃から顔に表れてました。
子供心にそばかすのことを気にしてはいましたが、
キャンディキャンディ(昔人気あった漫画です)と
私は一緒なんだ!と自分に言い聞かせ、
出来るだけ気にしないようにしていました。
今もまだそばかすはありますが、
昔に比べると確かに薄くなったように思います。

 

そばかすを消す方法、対策ですが、
なかなか美白化粧品でもそばかすには良い効果があまり
期待できないようですが、
そばかすが増えたり、濃くなったりすることを予防することは、
美白関連の化粧品で可能のようです。

 

レーザー治療できれいにとれるようですが、
再発の可能性もあるようです。
再発防止は、日々、美白化粧品でのお手入れを毎日
続けることでそばかす予防していくことが大事かと思われます。

シミの種類そばかす(雀卵斑)関連ページ

シミの種類.老人性色素斑(日光性黒子)
老人性色素斑(日光性黒子)の原因や対策を調べました。
シミの種類肝斑
肝斑ができる原因、対策を調べました
シミの種類花弁状色素斑
花弁状色素の原因、対策について調べました
シミの種類脂漏性角化症
脂漏性角化症の原因、対策について調べました
シミの種類炎症性色素沈着
炎症性色素沈着の原因、対策を調べました