たるみが原因のほうれい線、たるみ毛穴、涙袋、二重あご

ほうれい線の仲間たるみの種類

何故、皮膚にたるみができてしまうのでしょう

皮膚は上から表皮、真皮、皮下組織で出来ています。
スキンケアでは主に表皮と真皮のケアをしていくことをメインとしています。
そしてその真皮の中には
コラーゲン(膠原繊維)やエラスチン(弾力繊維)など、
たんぱく質で出来た繊維が規則的に配列した構造になっており、
その間にヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、
ムコ多糖類が存在し、皮膚に弾力性、柔軟性を与えてくれています。

 

その、コラーゲン(膠原繊維)やエラスチン(弾力繊維)が加齢などの原因で
変性し、しだいに弾力を失い、
お肌を支えられなくなり、皮膚がたるんできてしまいます。
これらはたるみは勿論、シワも同様の原因でおきます。
他には、加齢により顔の表情筋が衰えることで、皮膚や皮下脂肪を支えられなくなったり、
同じく加齢により代謝機能が衰え肥大化した皮下脂肪が重力の影響もあり、
皮膚が下にさがる、皮膚がたるむという状態になってしまいます。

 

たるみを引き起こす原因とは
乾燥・紫外線・ストレス

湿度、気温の低下、紫外線、加齢などがきっかけで起こる、「乾燥」
シワ、たるみ、シミにも大きな原因を作る、「紫外線」であり
そして、
意外と肌のためと意識して気をつけていないかもしれない原因が「ストレス」
精神的疲労、大きなストレスは体の中の生理的なバランスを崩し、
皮膚に大きな悪影響を与えてしまいます。
勿論、たるみだけでなくシワ、シミ、吹き出物、ニキビもストレスが
大きな原因になります。

 

喫煙・睡眠不足・栄養不足

他は「喫煙」「睡眠不足」「栄養不足」も、
たるみ、しわ、シミの原因になりますが、
普通に健康面を考えても、この3つは普段から気をつけて
おかねばいけないことかもしれません。

 

(喫煙の問題はなかなかタバコ好きな方には
難しい問題かもしれませんが)

 

活性酸素

他、「活性酸素」も、たるみなど老化現象の原因のひとつと言われてます。
「活性酸素」とは、簡単に言うと体内に入った
酸素の一部が変化したものです。
この世に誕生した瞬間から肌老化に向かって、
すすんでいっているのですが、
その老化をすすめていく存在でもある活性酸素とは
身体を(酸化)サビつかせるものにもなるのです。
ただひとが生きていくうえで、
活性酸素は発生していき老化はすすんでいきますので
避けられない存在でもあります。
この活性酸素が真皮にあるコラーゲンなどにダメージを与えることにより、
たるみ、シワ、しみなどの老化肌を引き起こしてしまうのです。

 

たるみ、シワを予防するには
活性酸素を除去するための抗酸化物質をとるようにしていきましょう。
抗酸化物質は主にビタミンA、C、Eは抗酸化力に優れた栄養素です。

ほうれい線はたるみ たるみの種類対策記事一覧

たるみの種類 たるみ毛穴

たるみが原因・たるみ毛穴とはたるみ毛穴は、その形から涙毛穴とも呼ばれます。毛穴の形が縦長な形に見えてきたら、それがたるみ毛穴です。若い頃の皮膚の真皮内にはハリのあるコラーゲンがたっぷり詰まっていて毛穴をしっかりと支えてくれています。しかし、加齢などによりコラーゲンが変性、減少などがおき、皮膚、毛穴を...

≫続きを読む

たるみの種類 涙袋

たるみによって出来る 涙袋とは下まぶたが適度にふっくらしていると、可愛く見えたりして、涙袋を作るために美容整形をする方もいらっしゃいますが、膨らんだ下まぶたのシワが目立ってきたり、クマのように見えてきたり巨大化して垂れ下がってきたら、一気に老け顔の印象が強くなってしまいます。原因は目元が老化すること...

≫続きを読む

たるみの種類 二重あご

たるみによって出来る 二重あご太ってしまっての二重あごの場合は、まずダイエットをしてからって話になると思いますが、太ってはいないのに、何故かあごが二重あごになったりしていませんか。それはフェイスラインのたるみが原因です。頬のあたりから、あごのあたりの皮膚は顔の中ではもっとも脂肪が厚い箇所になります。...

≫続きを読む