たるみが原因で出来た涙袋とは

たるみの種類 涙袋

たるみによって出来る 涙袋とは

下まぶたが適度にふっくらしていると、可愛く見えたりして、
涙袋を作るために美容整形をする方もいらっしゃいますが、
膨らんだ下まぶたのシワが目立ってきたり、クマのように見えてきたり
巨大化して垂れ下がってきたら、
一気に老け顔の印象が強くなってしまいます。

原因は目元が老化することにより、コラーゲンの変性がおこり、
目元の薄い皮膚がたるんでいき、そして、ぷくっと膨らんでいくのです。

眼球のまわりに目を保護するために眼窩脂肪があるのですが、
これを支えてくれる下瞼の皮膚がたるんで、
膨らんで見えるようになってきます。

 

最初の頃はクマが出来たように感じますが、
進行していくとポケットのような状態になり「涙袋」になります。
人によっては、
下瞼ではなく、上瞼にたるみが出てきて、瞼が垂れ下がっているような
状態になってしまう人もいます。
このように上瞼が下がってしまった方は、視界が狭くなってしまい、
瞼を上げよう上げようと筋肉が緊張してしまうため、
頭痛がおきやすくなります。

 

涙袋も、シワと同じようにコラーゲン、エラスチンの減少でおきますので、
シワと同じケアが必要になります。

 

シワ用の化粧品、美容液など。
ビタミンC誘導体、レチノール、ピーリングなど、コラーゲンを増やす成分が入ってる
美容液などでシワ対策と一緒に行っていくと良いです。

目の印象ってとても大事ですよね。
涙袋が目立ち始めたら、早め、早めに対策をとっていきたいものです。
下まぶたのたるみが気になり始めたら、
ホットタオルを目に当ててみるのも良いようです。

たるみの種類 涙袋関連ページ

たるみの種類 たるみ毛穴
ほうれい線はたるみが原因です。同じたるみが原因のたるみ毛穴の原因、対策を調べました
たるみの種類 二重あご
たるみの大きな悩み。二重あご。ほうれい線と同じたるみからくる悩み、二重あごの原因、対策を調べてみました