たるみによって出来る二重あごとは

たるみの種類 二重あご

たるみによって出来る 二重あご

太ってしまっての二重あごの場合は、
まずダイエットをしてからって話になると
思いますが、
太ってはいないのに、何故かあごが二重あごになったりしていませんか。

それはフェイスラインのたるみが原因です
頬のあたりから、あごのあたりの皮膚は顔の中ではもっとも
脂肪が厚い箇所になります。

 

その脂肪を加齢によって皮膚が支えきれなくなってしまい
たるんできてしまった結果が
二重あごの原因になってしまっているのです。
シャープなあごだったはずの方も、
たるんだあごにいつの間にかなり
ぼやけた輪郭という印象を与えてしまうのです。

こんなあご、フェイスラインのたるみは
コラーゲンが弾力を失うだけでなく、
筋肉のたるみも関係してきます。
加齢によって皮膚のたるみだけでなく、筋肉もたるんできます。
筋肉もコラーゲン繊維で出来ているため、同じ原理になります。

 

皮膚に付着している表情筋
筋肉がたるんでくることで皮膚も一緒にたるんでくるのです。
口角が下がったり、二重あごになったりするのは、この筋肉のたるみと関係してきます。

 

たるみ、フェイスライン対策として必要なのは顔に緊張感をもつこと。
だれーーとした表情でいると、余計に老け込んだ顔になってしまいますよ。

 

他のシワ、たるみのケア同様、コラーゲンを増やすスキンケア、
口にはさんで使う市販の
フェイストレーニンググッズやペットボトルを加えて行うトレーニングや、
他、低周波美顔器もおススメです。
こういうグッズを使いながらたるみ予防のトレーニングをしていくことで、
すっきりとしたフェイスラインを取り戻すことができるようになります。

たるみの種類 二重あご関連ページ

たるみの種類 たるみ毛穴
ほうれい線はたるみが原因です。同じたるみが原因のたるみ毛穴の原因、対策を調べました
たるみの種類 涙袋
ほうれい線と同じたるみが原因。たるみの種類、涙袋の原因と対策を調べました